知っておきたいお葬式にかかる費用

お葬式にかかる費用ですか、大きく分けて3種類に分類されます。一つ目が葬儀社に支払う葬儀本体費用・二つ目が寺院に支払うご供養などのお金・最後が弔問客などに支払う飲食費などがあります。何も知らないと葬儀社に支払うお金だけだと勘違いしてしまいますが、実は最低三箇所支払う必要があります。地域にもよりますが葬儀社に支払うお金よりも寺院や飲食費の方が高い場合もあり、事前にリサーチしておかないと後々大変な思いをすることがあります。寺院にもよりますが中には10万円単位でお金を請求される場合もあります。会社によっても支払い方法が違うなど事前にリサーチしておかないと後日苦労してしまう場合もあります。こちらではそれぞれの特徴について記載していこうと考えています。

葬儀社やお弁当代金があります。

葬式に支払う費用の中でも葬儀社に支払うお金とお弁当代金などのお金があります。葬儀の本体には祭壇のお花代・人件費・霊柩車の費用など多種多様な費用がかかります。葬儀社にもよりますが、葬儀社の際の司会を他の会社に委託している場合もありますが、その場合には司会者への代金を支払う必要もあります。一般的には100万円から150万円程度のお金が必要となります。接待のためのお弁当の代金ですが、お弁当の内容や参列者の人数によってかなり増減します。一般的には50万円から100万円程度のお金がかかります。支払い方法ですが、通常その場で現金払いとなりますが、会社によってはクレジットカードでの支払いにも対応しています。すぐにお金が準備できない場合には生命保険が入るまで待ってもらえる場合もあります。

寺院への支払いがかなり大変ですよ

葬式に欠かせないのが寺院の僧侶です。僧侶への支払いは葬儀社への支払いには含まれていません。そのため別に支払いが必要になります。僧侶への支払いの内容ですがお通夜や告別式などの際の読経唱題の費用や戒名代金などがあります。費用は宗派により様々で10万円程度で済む場合もありますし、100万円近くかかる場合もあります。費用について詳しく知りたい場合には事前に寺院に電話やインターネットの公式サイトで調べておく必要があります。費用の支払いですが、葬儀社に支払うお金や接待にかかる費用のように後日払いが難しい場合があります。またクレジットカードやローンでの支払いにも対応していない場合がほとんどなので、寺院の宗教者に支払うお金だけは生前に貯蓄しておく必要があります。