現代のお葬式で知っておきたい基礎知識

いつしか人は死を迎えるものです。一般的に人がなくなると、通夜、告別式と葬儀を執り行うのが日本の慣習の1つでもありました。古い慣習の世界だから変化なんかないだろうと思われがちですが、時代の変化とともに葬儀のあり方も変化しつつあります。以前であれば、地域共同体や企業が加わって支援する形の葬儀でかなり大規模なものがごく普通のことだったのですが、現代の葬儀といえば、特定の宗教宗派によらない自由葬、近親者だけで閉じて行う葬儀である家族葬、さらには葬儀自体をせずに物理的な遺体処理である火葬のみを行う直葬なども増えつつあります。昔、もっと詳しく言うならばここ10年で葬式に関する考え方やあり方が時代とともに変化し、それに伴い葬儀にかかる費用自体も大幅に変化をしています。

時代とともに変化した葬式のあり方

一昔前は葬儀というと会葬者の多い社葬や一般葬がごく普通でしたが、ここ10年をみてみると大規模な葬儀というよりは小規模な葬儀が増えています。その背景として高齢化社会、少子化、さらには経済的な理由など様々な要因が加わり葬儀のあり方じたいも時代の流れとともに変化しています。特にここ最近多いのが、家族葬です。家族などの近親者だけで行い、近親者以外の儀礼的・社交辞令的な弔問客の参列を辞退してもらうタイプの式です。家族葬のメリットと言えば、近親者のみで行うため、弔問客に気をつかったりする必要がなく、落ち着いて故人とのお別れができたり、少人数のため葬儀係員の人件費や葬儀場の設備費用が少なくなり、通夜振舞い・返礼品等の費用も少なくなるなど費用自体も抑えることができます。そういった流れもあり、会葬者の少ない家族葬が増えてきたといういきさつがあります。

葬式の10年前と現在との相場の変化

葬儀のあり方、考え方が時代の流れとともに変化し、ここ10年は一般葬や社葬の数は少なくなり家族葬や密葬、直葬などが増えています。また特定の宗教に入っていない人や宗派にこだわらない自由葬なども増えているため、まさに葬儀のあり方も人それぞれです。さらには10年前と比較すると高齢者の数が何倍にもなり、今や、火葬場の不足が深刻化し、平日であっても 火葬場が予約できる最も早い日程で葬儀を行うことが多くなるなど社会的現象が葬儀に影響を与えています。また10年前と比べ、葬儀の打ち合わせは僧侶抜きで葬儀社と遺族との間で行われることが多くなっているのでその分費用の相場も以前と比べかなり低くなっており、一般的に10年前と比べると、葬儀にかかる費用はかなり抑えられつつあるのが現状です。ただこれは地域や個人の考え方によってもかなり変化することで一概に言えることではありません。