今の時代のお葬式のあり方についての考察

時代が変化しているように、冠婚葬祭もその時代とともに大きな変化をしています。特に少子高齢化が、日々進んでいる日本ではお葬式のあり方も昔とは大きな違いを見せています。昔は、自宅で通夜や告別式をするのがごく自然にありました。しかし、現代では自宅で行う数は減少しています。今は、葬儀会社のホールを借りてお葬式をすることはごく当たり前になりました。これだけでも、昔の方法とは大きな違いがあります。ますます、高齢者の人口増加に伴い葬式のあり方はまだまだ変化していくような流れに今あります。今は、昔からの伝統よりも個人の自由な意思を尊重することが多くなっています。費用をあまり、かけたくないというもの今現代の風潮になりつつあります。自分ならどんな風にするのか問われるときがきています。

現代は家族葬が一番多くなっています

親族や家族に、見守られてゆっくりと旅たちをして、残された家族もゆっくりとお別れができるのが家族葬です。自分の希望を、今は生前に伝えることでその願い通りにすることができます。人は死んだら終わりではなく、肉体は滅びてもその思いや願いは家族や友人の中で生きています。それを、確認できるのが家族葬の特徴です。費用も従来の葬儀と比べると、およそ半額程度でできることも魅力です。最近では、それよりも安い1日葬というものも登場しています。できるだけ安くしたい人には人気のプランです。通夜を行わずに、一日だけで供養を済ませる方法になります。今は、何をしてもいい自由があります。昔のやり方ではなく、自分のやり方でできる風潮が流れています。家族に迷惑を掛けたくないのなら生前予約がおすすめです。

ご遺体ホテルも誕生しているのが現代です

家族を亡くすと、今までならすぐに通夜などの葬儀関連の行事に追われていました。ゆっくりとお別れをする暇もなく、時間に追われるようにバタバタとしていたものです。最近では、ご遺体を預かるホテルも誕生しています。ここには、何日いても大丈夫です。法的にも、問題がなく心の整理ができるまで故人と一緒に過ごすことができます。新しい葬儀のあり方を示しています。大好きな家族と、別れるのは本当に辛いです。その悲しみを、癒すことがここなら可能です。今は高齢者の増加で、さまざまな提案が提示され葬儀のあり方も変化しています。ご遺体ホテルのような、新しい取り組みもこの先色々な形式ででてくるはずです。納得ができるお別れがしたいと願うのは。どの家族も共通の思いです。時代の流れは、葬儀にも及んできました。