いざという時に役立つお葬式のマナーとは

多くの人は子供の頃に祖父母や年齢の高い親戚の葬儀に参列したことがあり、そして長い年月を経て大人になって葬儀に参列する機会に見舞われた時にマナーがわからず周りに聞く、という経験をしているのではないでしょうか。子供の頃は良くても、大人になったら知っていないと恥ずかしいお葬式のマナーにはどのようなものがあるのでしょうか。特に大事なのは人目につく服装と香典のマナーです。焼香や立ち居振る舞いのマナーについて心配する人は多いものです。もちろんそれらのマナーも知っておいた方が良いのですが、間に合わない場合は前の人の真似をすればなんとか乗り切ることができます。しかし、服装や香典は失敗してしまうと取り返しがつかないこととなるため、事前にしっかりとマナーを理解して準備していくことが大切なのです。

葬式における服装マナーについて

葬儀に参列する際の服装は喪服着用が基本マナーです。ただ勘違いしている人が多いのは、喪服=黒い服というだけと思っている点です。確かに黒い服ならば失礼にはあたりませんが、喪服のマナーで肌を露出しないという点もあるため、女性の場合は座っても膝が出ない長さのスカート、そして夏でも七分袖以上の長さは守らなくてはいけません。また、女性のバッグはハンドバッグでなければいけません。ショルダーバッグはカジュアルになるのでNGです。金具やビーズなど光沢のあるものが付いているデザインもNGで、無地の布地か革のシンプルなものを使用します。そして装飾品は男性の場合は時計と結婚指輪のみ、女性の場合はそれにパールの一粒イヤリングとパールの一連ネックレスのみつけて構いませんが、それ以外はNGです。

以外と知らない人がいる香典についてのマナー

葬式に持参する香典ですが、マナー違反をしてしまってもその場で治せるものではなく、残ってしまうものなので事前にしっかり準備することが大切です。香典のマナーとは、まず不祝儀袋は黒白・銀などの結び切りの水引を使います。結び切りの水引を使うのは「二度と繰り返してほしくない」という意味が込められるからです。不祝儀袋には豪華な水引がつけられているものと、印刷されているだけのものがありますが、包む金額が5千円以下の場合は印刷の水引の不祝儀袋で問題ありません。そして、香典袋の表には自分の氏名を記入しますが、それには薄墨の毛筆(筆ペンでも可)を使用します。薄墨が使われるのは、悲しみで字がにじんでしまうという心情をあらわしていますので、万年筆やボールペン、サインペンを使用しない方が好ましいです。